女性のために大切なこと

Q&A

トップに戻る一覧に戻る 前へ次へ

【4】不妊症の治療について

36. 体外受精ー胚移植についてもう少し詳しく説明してください

スペース
答え スペース  体外受精ー胚移植が成功するためには

(1)卵巣調節刺激で10個前後の成熟卵胞を育てる
(2)十分に成熟した卵胞から卵子を採取する
(3)卵子を2~5個ずつ1ml程度の培養液の入った容器に移し、さらに洗浄スイムアップ精子を10万個ほど追加する
(4)16時間後に前核期胚の有無を確認する
(5)48時間後に良好胚の形成を確認する
(6)3個以内の胚を子宮腔に移植し、残りの良好胚を凍結保存する。

などの各段階を乗り切る必要があります、これらが全て順調にいって初めて妊娠が期待できます。しかし、全ての方が理想通りに進行するわけではありません、比較的高齢であったり、体質的に卵巣の状態が悪かったりして十分な数の卵胞が成熟しない場合、精子の状態が悪く受精できない場合、良好胚を移植しても着床しない場合、などが体外受精ー胚移植の不成功の要因です。
スペース
  • ムービーで見る当クリニック
  • 不妊治療Q&A
  • 私の産婦人科訪問