女性のために大切なこと

Q&A

トップに戻る一覧に戻る 前へ次へ

【10】採卵、子宮内内膜、着床

12. 採卵時に未熟卵と診断された場合、培養液中で成熟卵へ成熟させることは可能ですか

スペース
答え スペース  成熟卵胞にHCGあるいはLHが作用すると36時間前後で第2減数分裂中期(M2期)へと進行し、受精が可能な状態となります。すなわち、完全に成熟した卵はM2期のものをいいます。しかし、ARTにおける採卵時に8割前後がM2期に達していますが、1割前後がGermina1 Vesic1e Stage(GV期)に留まっています。GV期の卵を培養すると約28時間前後でM1期へ、さらに数時間を経るとM2へと成熟します。

GV期・・卵巣の成熟前の卵胞の中の大型の核(GV)を有する第一減数分裂前期の卵
M1期・・LHサージ(あるいはHCG)によりGVが消失した卵
M2期・・LHサージ(あるいはHCG)から36時間を経て、第一極体の放出した卵
スペース
  • ムービーで見る当クリニック
  • 不妊治療Q&A
  • 私の産婦人科訪問