女性のために大切なこと

Q&A

トップに戻る一覧に戻る 前へ次へ

【16】その他

2. 不妊治療で卵巣癌が増えるというのは事実ですか

スペース
答え スペース  卵巣癌の発症率は出産数や分娩回数の多い人ほど少ないといわれています。1992年、不妊治療薬を用いた未産婦に卵巣癌の発現が高いとの報告が注目を浴びましたが、その後の調査では有意差が確認されていません。最近の報告では、不妊治療を受けている未産婦、不妊治療を受けた経産婦とも対照群の6-8割の発症率と逆に低下しています。先進国では人口10万人当たり毎年10人の卵巣癌患者が発生しており、生涯当たりの卵巣癌のリスクは2%と比較的低率ですが、不妊治療の間に子宮癌や卵巣癌を併発する人がいますから、日頃の注意は必要です。
スペース
  • ムービーで見る当クリニック
  • 不妊治療Q&A
  • 私の産婦人科訪問