女性のために大切なこと

Q&A

トップに戻る一覧に戻る 前へ次へ

【5】人工授精、排卵誘発、過排卵刺激

5. 卵管内人工授精で良い成績が得られていますか

スペース
答え スペース  難治性不妊症に対して、卵管内にカニュレーションをし精子を注入する方法は、1987年、Jansenらによって考案されましたが、その後の追試で満足すべき成績が得られず普及するに至っていません。頚管をバルーンカテーテルで閉鎖し、比較的多量の精子浮遊液を注入して卵管内への精子の移送を促しても妊娠率は向上しません。現在のところ、洗浄精子による子宮内人工授精が望ましいと考えられます。
スペース
  • ムービーで見る当クリニック
  • 不妊治療Q&A
  • 私の産婦人科訪問