女性のために大切なこと

女性のために大切なこと

病気のサイン

女性特有の病気はこのサインから

おりもの、出血、しこり、かゆみ、痛みは体の変化を知らせる大切なシグナルです。

<おりもの>

宮頸管粘液と膣の分泌液が混じり合ったもので、月経周期に応じて量や性状が変化します。月経直後から排卵まで徐々に量が増え、排卵期には最も多く分泌され、排卵後は減少します。分泌量が少ないときのおりものは乳白色で、分泌量が増えるに従って透明でのびのよい粘液になります。

<正常なおりもの>

一般的には乳白色で下着について乾燥すると黄色になり、やや甘酸っぱいにおいがします。分泌量はかなり個人差があります。分泌量が多い人では、ピーク時に下着が濡れたり、排便時に腹圧がかかるとおりものが流れるように感じることがありますが、異常ではありません。

<異常なおりもの>

いつもより分泌量が増えたり、異臭や色に変化がみられたら、なんらかの病気が考えられます。どろっとした多量のおりもの、白くてボロボロしたおりもの、褐色のおりもの、悪臭のあるおりものなど、さらに膣や外陰部にかゆみや痛みがある場合は早めに医師に相談して下さい。

おりものについて

 

<しこり>

下腹部のしこりは子宮筋腫や卵巣腫瘍が考えられます。子宮筋腫は有る程度大きくなると、自分でもふれるとわかることがあります。また卵巣は子宮のうしろにあるため、かなり大きくならないとわかりませんが、卵巣の腫瘍は悪性と良性のものがあるので、下腹部のしこりに気付いたらすぐに専門医の診察が必要です。
また、外陰部のしこりは、膣口の左右にあるバルトリン腺の炎症や更年期以降にみられる子宮が膣から出てしまう子宮脱などがあります。乳腺のしこりは、良性腫瘍の乳腺線維腺腫や乳腺症、乳がんなどが考えられます。月経前に乳腺が張り、しこりのように感じられるのは性ホルモンの影響なので、心配はありません。乳がんのしこりはふつう痛みがないので、定期的な自己チェックを実行し、早期発見、早期治療につとめましょう。

<かゆみ>

最も多い原因は、トリモコナスやカンジダ、細菌などによる炎症で、抗生物質等による治療を行います。また、更年期以降にみられるかゆみは、卵巣の機能低下のため膣壁が薄くなることによる萎縮性膣炎が考えられます。これには、ホルモン補充療法などが効果的です。

<性交痛>

性交経験の少ない人や出産時に開陰切開をした人は、特に痛みを感じることがありますが、時間の経過とともに治まります。開陰切開をしていないのに性交痛を感じるのは出産のショックや育児疲れ、また、夫だけの欲求によるセックスなど多くは心因性のものです。閉経後の性交痛は、性ホルモンのお分泌不足により、膣炎がおこりやすくなるためです。月経痛と性交痛がある場合は、子宮内膜症が考えられるので早めに専門医に相談してください。

<不正出血>

正常な月経以外の性器出血のことで、おりものに混じる出血、セックス後の出血、月経後も出血が続くことなどがあげられます。また、血の色も鮮紅色から黒ずんだものなど、出血の量も性状も様々です。
子宮からの出血が大部分ですが、子宮内膜、子宮膣部、外性器といろいろなところから出血します。子宮からの出血には、子宮に異常があるためにおこる器質性子宮出血と性ホルモンの乱れによりおこる機能性子宮出血があります。原因がわかていれば問題はないのですが、原因がわからなければ早めに専門医に相談してください。

 

 

不正出血の部位とその原因

<子宮体部からの出血>

1)卵巣機能不全による出血
2)子宮内膜ポリープ
3)粘膜下筋腫
4)子宮内膜症
5)卵巣筋腫
6)子宮体がん

<子宮頸部からの出血>

7)子宮頸管ポリープ
8)子宮頸管の炎症
9)子宮膣部びらん
10)子宮頸がん

<膣からの出血>

11)膣炎、その他全身性の病気、血液の病気など。

 

不正出血について

<器質性子宮出血>

子宮に病気があるためにおこるものですが、最も大きな原因として、子宮がんが考えられます。他に子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮内膜症、子宮膣部びらんなどでも不正出血がみられます。

<機能性子宮出血>

初経前後や出産後、また更年期などホルモンのバランスが不安定な場合に多くみられます。月経周期が定まらないために思わぬときに出血したり、月経がだらだらと続いたりするものです。

<中間期出血>

月経と月経の間の排卵期にみられる少量の出血のことで、卵胞ホルモンの分泌が一時的に低下するためにおこる生理的な出血です。しかし、自己判断せず、基礎体温をチェックして判断が難しいようであれば専門医に相談しましょう。

ほんのわずかでも「いつもと違う」と感じたら、思わぬ病気のサインかもしれません。
なるべく早く専門医に相談しましょう。

  • ムービーで見る当クリニック
  • 不妊治療Q&A
  • 私の産婦人科訪問